車査定(金額の他、等級や合格・不合格などを調査に基づいて決めることをいいます)と下取りを比較した場合、下取りの方がいいと思っている方もいるはずです。 確かに、下取りだと欲しい車を愛車を使って値引きすることができますし、買取手続きも購入手続きも一度にまとめて行うことができるので便利です。 しかし、単純に売却価格だけを考えると、車査定の人が高くなります。 下取りの場合、中古車市場の人気に左右されないので、いかに人気がある車を売っても高額にはならないでしょう。 また、最初から車ごとの下取り価格が決まっていて、そこからマイナス部分を減点し、査定額を低くしていくといった査定方法を採用しています。 一方、車査定ならね中古車市場の人気に大きく左右されるので、人気が高い車であればあるほど高く売ることが出来るはずです。 さらに、プラス部分をますます加点していく査定(類義語としては、判定や評価などがあります)方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)を採っているのでていることも多く、高額で売却できる可能性が高いです。 このようなことから、下取りよりも車査定で売った方が良いといえます。 ただし、不人気車種を売却する場合は、中古車市場の人気に左右されない下取りの方が高くなることもあるらしいですー